« 三連休 | トップページ | すなかけばばぁが・・・ »

志半ば・・・

今の活動をし始めたきっかけ。
学校が終わった時間からひとりぼっちになっちゃう
子どもたちが、有意義な時間を過ごせる場所。
それが作りたかった。
児童センターには定員オーバーやら
条件が揃わないことから入所できない子。

うちに帰っても、お母さんはお仕事で
友達はゲームボーイしかいない・・・。
だからゲーム大好きになっちゃう子。
遊びに行くにも、勝手にお友達のところへは
行けない・・・でも一人は寂しい。

あたしがそうだった。最初はひとり。

でも、弟たちが小学校にあがって、
やつらの面倒をみなくちゃいけなくなった。
仕事が増えたsweat01
(おかげで使命感は芽生えたけどね。
今じゃ、感謝すべき存在の弟達smile

それと、学校から帰る途中で八百屋に寄って、
買い物して2kmの道のりをランドセル
背負って荷物を持ってpunch
いい加減嫌になりながら、自宅まで歩いた。
冷蔵庫に食材をしまったら、洗濯物を取り込み
父親が夜勤の週は弁当作りから始まり
夕食の支度をし・・・洗濯物をたたみ
弟たちにご飯を食べさせ、茶碗を洗った。
全然子どもらしくなかった。
でも、近所のおばちゃん達は「感心な子」
って評価をくれてた。日曜日の神社の掃除。
おかーちゃんは仕事だった。
だから、あたしがおばちゃん達に混じって
竹箒持って掃除に出てた。

両親と行楽に出た憶えは・・長島温泉。
6年生の時。一度きり。sweat02
父親の会社の福利厚生でのご招待。
でも、初めての遠出で車酔いしたあたしは
新車のクラウンでリバース・・・sweat02
結果、しこたま怒られて小突かれた・・・down
行楽はロクなことが無い・・・と、肝に銘じた12歳。


でもね。よく考えると、ひとりじゃなくなってた。
いつも誰かがあたしを見てた。
雨が降っても、傘を持って迎えに来てくれる親はいない。
だけど、雨の中、びしょぬれになって走って帰る
あたしを、うなぎ屋のおばちゃんが傘持って
追いかけてきてくれて、軒先で頭を拭いてくれて
「次に通るときに持ってきてくれればいいよ」って
傘を貸してくれた。泣けて泣けてしょうがなかった。
おばちゃんの温かさが、雨で体の芯まで冷えてた
心のツボに入っちゃって、涙が止まらなかった。

あたしみたいな子は少数派だろね。
いっつも忙しかったもん。

だけど、今の子ども達は人の温かさを
知る機会もあんまり無い気がする。

きっと、うなぎ屋のおばちゃんみたいな人は
今の世の中、必死になって探さなきゃ
会えないのかもしれない。
ところが、あたしの回りには、
その希少価値のおばちゃんが(見てたらごめんcoldsweats01
居ちゃったりするから、
何かできるような気がしちゃったりする。

辛い環境だったことも、温かい心を知る
ステージを作ってくれてたりした。と思う。
あたしの子ども時代、決して裕福じゃなかったけど
ゲームして過ごす子達よか、幸せだった気がする。

おかげで「なんでも自分でやる。
ついでに人の世話もする」ってクセがついたもんね。

今はその居場所の方向から、ちょっと離れた気がする。
大切なことは、みんなの思いを反映させながら
それぞれが頑張ってると思うけど・・・
なにか、まだ志半ば・・・downって気がしてた。

もしかしたら、またチャンスが廻ってきたかも。
今日は、そんな気がした一日だった。

|

« 三連休 | トップページ | すなかけばばぁが・・・ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81031/46850908

この記事へのトラックバック一覧です: 志半ば・・・:

« 三連休 | トップページ | すなかけばばぁが・・・ »